『ワンドの10』の意味

タロットカード:『ワンドの10』が表す相手の気持ち、未来の予想、アドバイスなどを、恋愛や仕事・人間関係のテーマごとに解説しています。

スポンサーリンク

カード画像(ウェイト版)

キーワード

重荷
責任
プレッシャー

解釈のポイント

10本のワンドを運んでいる男性が描かれています。決して楽に抱えているようには見えません。

『ワンドの10』は重荷を表します。かなり無理をしつつも、自分一人でやらなければならないという責任を感じながら、何とか前に進んでいる状態です。

また、自発的なニュアンスだけでなく、誰かから押しつけられているという解釈もできます。それが精神的なものならプレッシャーという表現もできるでしょう。

いずれにせよ、望ましい状態とは言えません。対処しなければいずれ押しつぶされるか、突然投げ出してしまう可能性もあります。

恋愛についての解釈

相手(彼・彼女)の気持ち

あなたとの関係について、必要以上に責任を感じているようです。責任=結婚というわけではなく、二人の関係は自分の頑張りや選択にかかっていると思い込んでいるのです。二人で助け合って未来を築いていくという視点を見失っている状態です。

あるいは、あなたとの関係を重荷だと感じているのかもしれません。今は我慢しているようですが、この状態が続くのは好ましくないでしょう。

プレッシャーを感じているという解釈もできます。結婚を迫られるなどして、気が乗らないのにはっきりと言えず、無理をしているということになります。

状況により様々な解釈ができますが、いずれにせよ、相手が「重い」と感じるであろう言動は控えた方が良いでしょうし、手伝えるところは積極的に手伝うなどして、抱えている荷物を少しでも減らしてあげることです。
ぷつりと気持ちが切れてしまったら、突然「もう無理」とすべてを放棄し、取り返しがつかなくなる恐れもあります。

否定的に捉えても同様の解釈ができますが、相手はプレッシャーや押しつけられているという印象をより強く感じているでしょう。

今後の見通し(未来・予想)

双方にとって、あるいはどちらかにとって重く困難な状況となりそうです。苦しいけれども手放せない、または手放したくないという状態になり、精神的に負荷がかかると予想されます。

否定的に捉えると、重みに耐えきれずに押しつぶされてしまう、あるいは投げ出してしまうか、逆に重荷が減っていき、苦しみが和らぐと解釈できます。

アドバイス

「一人で悩まないでください」というメッセージです。
あなたは『ワンドの10』に描かれた男性のように、恋愛や夫婦関係についての重荷を抱えながら毎日を過ごしているのかもしれません。
もしそうであれば、すべてを一人で抱え込まないで、人に助けを求めましょうということになります。パートナーと正直な意見を交わす、友達に悩みを相談するなどして、できる限り重荷を減らしていきましょう。
もう限界だと感じているなら、いっそすべての荷を下ろしてリセットするという選択肢もあります。自分がつぶれるまで我慢する必要はありません。

「相手にプレッシャーをかけすぎないようにしましょう」というメッセージかもしれません。
これは一方が結婚を強く望み、そのパートナーが乗り気でない場合などに起こりがちなケースですが、「早く結婚したい」などの言動を相手が重いと感じているので、少し控えた方が良いですよということになります。
あなたは自分の気持ちを素直に伝えているだけのつもりでも、相手がそれをプレッシャーだと感じているなら、かえって気持ちを遠ざけてしまう恐れもあるでしょう。
二人の未来は二人で築いていくのだということを忘れないようにしましょう。

仕事・人間関係についての解釈

相手の気持ち、あなたへの評価

あなたからプレッシャーをかけられていると感じているようです。あるいは逆の立場から、もっと頑張ってほしいと考えているのかもしれません。

否定的に捉えると、許容量以上に仕事や責任を押しつけられていると感じている可能性がありますので、早めに対処した方が良いでしょう。

人物評としては、責任感の強い人、何でも自分でやろうとする人、一人で抱え込む人という評価になります。

否定的に捉えた場合は、タスク管理ができない人、安請け合いして結局投げ出す人という評価になります。

今後の見通し(未来・予想)

キャパオーバーの状態となりそうです。仕事量が限界を超えるか、精神的な負荷に押しつぶされそうになるでしょう。
原因としては頼まれた仕事を断れないこと、自分のタスクを管理できていないことが考えられますので、それらを意識しましょう。

あるいは、上司などから必要以上にプレッシャーをかけられ、苦しい思いをするかもしれません。

否定的に捉えても、重荷を背負うことになるという同様の解釈ができますが、誰かに仕事を無理やり押しつけられたり、断れない状況に置かれるなどして、回避しにくくなる恐れがあります。

また、負荷が限界を超えてやり通せなかったり、投げ出してしまったりするだけでなく、心身に不調をきたしてしまう恐れもあります。

アドバイス

「無理はしないでください」というメッセージが読み取れます。
いわゆるブラック企業ではなくても、誰もが無理をしなければならない繁忙期もあれば、自分の成長のためにたくさん働きたいという場面もあるでしょう。
しかし、自分のキャパを超えるような頑張りは極力慎むべきだということをカードは教えてくれています。
仕事を頼まれても安請け合いするのではなく、あくまで自分の余裕のある範囲で引き受けるべきですし、無理そうなら勇気を出して断ることも、引き受けたけれど厳しそうなら早めに相談して手伝ってもらうことも必要です。
とにかく、何でもかんでも請け負って自分一人でやり遂げようとするのは止めるべきということです。
もし肉体的、精神的な限界を感じていて、それを相談しても理解してもらえない、対処してもらえないという環境にいるなら、退職という選択肢もあることを忘れないでください。
くれぐれも、早まったことはなさいませんように。

「一人で抱え込まないでください」というメッセージかもしれません。
何か悩んでいること、負担に感じることがあるにもかかわらず、遠慮や恐れから誰にも相談できていないという状況もあるかと思います。
そんなときは、一人で抱え込まず、信頼できる身近な人に相談しましょうということになります。
このままでは心労で押しつぶされてしまうかもしれません。そうなる前に、誰かに話を聞いてもらいましょう。

『ワンドの10』が登場する鑑定サンプル

タロットカードの一覧に戻る


※解釈はあくまで一例です。状況やテーマ、他のカードとの関係によって、このページの例以外にも様々な解釈ができます。
※正位置、逆位置での判断はしておりませんので、ご自身の感覚とスプレッド全体から肯定的に解釈するか、否定的に解釈するかを判断なさってください。
※カード画像は日本、米国においてパブリックドメインとなったウェイト版を使用しております。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする