『ソードの5』の意味

タロットカード:『ソードの5』が表す相手の気持ち、未来の予想、アドバイスなどを、恋愛や仕事・人間関係のテーマごとに解説しています。

スポンサーリンク

カード画像(ウェイト版)

キーワード

悪意
敗北
卑劣さ
強奪

解釈のポイント

3本のソードを持った男が冷笑を浮かべながら、悲しげな様子で立ち去る二人の人物を見つめています。足下には2本のソードが落ちていますが、これは敗れ去る二人から奪ったものなのでしょうか。
また、空は荒れ模様のようです。

『ソードの5』が表すのは悪意です。敵意や傷つけてやろうという気持ち、誰かが傷つくことを示します。

敗北を表すこともあるでしょう。手痛いダメージを受ける恐れがあります。

逆に、卑劣な手を使って目的を達成することや、強奪を表す場合もあります。しかしながら、この場合は当事者から恨みを買ったり、周囲からの信頼を失うことになるでしょう。

恋愛についての解釈

相手(彼・彼女)の気持ち

残念なことですが、あなたのことを良く思っていない可能性があります。少なくとも現段階では恋愛関係に発展するのは難しそうですので、今は好感度を上げるための時期だと考えて努力を続けるか、それほど思い入れがなければ諦めるという選択肢もあるでしょう。

あなたに愛想良くしてくれているのに、相手の気持ちとして『ソードの5』が出たのなら、あなたのことを思いやる気持ちに欠けているということです。自分が楽しければそれでいい、あなたが傷つこうが関係ないという心境でしょうから、単なる遊び、体目当てという可能性が高いと考えられます。

否定的に捉えても同様の解釈となりますが、程度がさらに酷くなる場合もあるでしょう。

今後の見通し(未来・予想)

どちらかが、あるいはお互いが傷ついてしまうことになりそうです。あなたが相手を傷つけるという可能性もありますから、言うべきでないことを言ってしまわないよう注意が必要ですし、たとえ幕を下ろすとしても、相手への敬意や思いやりは忘れないようにしましょう。

恋敵がいる場合は敗北してしまうことも読み取れます。相手は手段を選ばずにあなたを蹴落としにくるかもしれませんが、同じ土俵に上がってあなたまで醜悪に振る舞うべきではありません。

逆に、あなたが強引に、あるいは卑劣な手を使って恋を勝ち取るという解釈もできます。ただし、その場合は周囲から白い目で見られるでしょうし、相手もひいてしまうかもしれません。
どんな手を使ってでも結ばれたい、などと考えている人には警告として出てきたということになります。正々堂々、恥ずかしくない行動で相手の気持ちを掴みましょう。

否定的に捉えても同様の解釈ですが、状況がさらに悪化したり、失うものが大きくなったりするでしょう。

アドバイス

「卑怯なやり方は慎むべきです」というメッセージです。
恋に落ちてしまうと見境がつかなくなるというのは、人類が永遠に抱える課題の一つかもしれません。ただ、あなたが恋敵に対して激しい嫉妬を燃やし、どんな手を使ってでも恋を成就させたいという心境なら、『ソードの5』のメッセージに耳を傾ける必要があるでしょう。
仮にあなたが正当とは言えないやり方で相手を陥れる、好きな人を欺くなどして結果的に結ばれたとしても、やられた恋敵はもちろん、あなたの友人なども、あなたの卑怯な行為を見ているかもしれません。それは悪評となり、やがて恋人にも伝わるでしょう。
誰に見られても恥ずかしくない行動を取り、正々堂々と立ち向かいましょう、ということになります。

「悪意を持つべきではありません」というメッセージかもしれません。
相手との関係がこじれているような場合、あなたが相手に対して敵意を持っていることが解決の妨げになっている可能性があります。また、単にもっと相手に対して敬意を持つべきだとも受け取れます。
全面的に相手が悪く、自分には何一つ非がないとしても、相手の謝罪を受け入れる度量を持った上で、頭ごなしに否定するようなことは慎むべきでしょう。

仕事・人間関係についての解釈

相手の気持ち、あなたへの評価

あなたに対して敵意を持っているようです。あるいは寝首を掻こうとしているのかもしれません。注意が必要です。

否定的に捉えても解釈は変わりません。

人物評としては、卑怯、とげとげしい、強引な人という評価になるでしょう。

否定的に捉えた場合も同様です。

今後の見通し(未来・予想)

傷つけられるか、傷つけてしまうことになりそうです。その両方かもしれません。なるべく衝突を避ける努力をし、相手のことが嫌いでもわざと傷つけるような言動は慎むべきです。

敗北を喫する可能性もあります。社内のライバルに、競合他社にと、目に見える形で負けを突きつけられることになってしまいそうです。可能な範囲で作戦を練り直すべきでしょう。

強引な手、卑劣なやり方を用いれば勝利できる可能性もありますが、恐らくそれ以上に失うものが大きいでしょうから、控えるべきです。信頼は取り戻すのに時間がかかるものです。

否定的に捉えた場合も同様の解釈となります。

アドバイス

「強引なやり方、卑劣な手段は用いるべきではありません」というメッセージです。
ビジネスは競争の世界であり、勝ち残った者、稼いだ者が正義という風潮もあります。とはいえ、人から恨まれ、後ろ指をさされるようなやり方ばかりしていては長続きしないでしょうし、後々自分に返ってくるものです。
ぜひ正々堂々と勝負して、尊敬を集めるような人物を目指してください。

「人を傷つけるような行為はやめましょう」というメッセージかもしれません。
人を見下したり、敗者を馬鹿にしたりするような態度を取っていないでしょうか。また、嫌いな人を辞めさせようと考え、わざときつい言い方をするようなことはないでしょうか。
たとえあなたが優秀だとしても、そういった振る舞いは周囲の反感を買います。仮に昇進できたとしても、同僚や部下から認められることはないでしょう。
『ソードの5』が出てきた場合は、自分がそのような態度を取っていないか省みることが必要だと言えます。

『ソードの5』が登場する鑑定サンプル

タロットカードの一覧に戻る


※解釈はあくまで一例です。状況やテーマ、他のカードとの関係によって、このページの例以外にも様々な解釈ができます。
※正位置、逆位置での判断はしておりませんので、ご自身の感覚とスプレッド全体から肯定的に解釈するか、否定的に解釈するかを判断なさってください。
※カード画像は日本、米国においてパブリックドメインとなったウェイト版を使用しております。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする