III. 『女帝』の意味

タロットカード:『女帝』が表す相手の気持ち、未来の予想、アドバイスなどを、恋愛や仕事・人間関係のテーマごとに解説しています。

スポンサーリンク

カード画像(ウェイト版)

キーワード

愛、性愛
母性
豊かさ
繁栄

解釈のポイント

豊かな自然に囲まれ、女帝がゆったりと腰掛けています。

『女帝』を解釈する上で、中心となるのは愛情です。
一口に愛情と言っても様々な形があります。異性を愛する感情、情熱的な性愛、弱き者を慈しむ母性、身の回りの人への思いやり、などなど。
その愛情がどういった性質で、その良い面が出ているのか、あるいはその逆かを見極めることがポイントとなります。

また、『女帝』は豊かさ、繁栄、生産性についても表します。

恋愛についての解釈

相手(彼・彼女)の気持ち

相手の態度が好意的なら、愛情に溢れていると考えられます。
「あなたがほしい」と思っているか、あるいは「あなたを護ってあげたい」、「あなたを支えてあげたい」という気持ちが沸き上がっている状態です。

また、良くも悪くも、あなたに対して性的な関心が強いと解釈することができます。特に男性は誰しもそのような傾向があるものですが、人によっては単なる体目当ての可能性もありますので、やり逃げされたということのないように注意が必要です。
そこまでいかなくても、セックスアピールが強い人だと思われているかもしれません。

否定的に捉えると、愛情が薄いということになります。特に相手の本心がわからないときは、社交辞令に過ぎないのか、それとも好意をアピールしようとしているのか、冷静に判断するようにしましょう。

場合によっては強すぎる愛情を表すこともあるでしょう。

今後の見通し(未来・予想)

愛情豊かで実りある関係になる、またはそのような状態が続くことが読み取れます。精神的にも肉体的にも充実した関係でいられるでしょう。

場合によっては結婚や妊娠を暗示することもあります。ただし、「あの人と付き合えそう?」というような問いに対して『女帝』が出たからといって、結婚→妊娠までいける! と結論づけるのは飛躍しすぎです。結果としてそうなる可能性がないわけではありませんが、状況と照らし合わせて現実的に考えてみてくださいね。

否定的に捉えると、不毛な関係となりそうです。
付き合っているとしてもお互い、あるいはどちらかが満たされない状態となりそうです。愛情はないとわかっているのに体の関係だけが続くような状況も表します。

まだ付き合っていない状態であれば、単純に付き合いに至らないか、たとえ付き合うことになっても上記のような実りのない関係となりそうです。

アドバイス

「もう少し楽観的になっても良いですよ」というメッセージだと解釈できます。
恋に不安はつきものですが、「なんとかなる、ダメだったらしょうがない」くらいの気持ちでゆったりと構えてはいかがでしょうか。
神経質になりすぎているという自覚があれば、肩の力を抜くことを心がけましょう。

「もっと情熱的になりましょう」というメッセージも読み取れます。
もしあなたが恋愛に対して冷静になりすぎる、ガードが固すぎるような面があれば、もう少し感情に素直になってみても良いのではないか、ということです。
あまり放埒になるのも考え物ですが、燃え上がった気持ちに身を委ねることで恋が始まることもあるでしょう。

否定的に捉えると、逆に「だらしない生活を改めるべきです」という警告にとれます。
不特定多数の異性と関係を持つ、愛情はないけれども肉体関係は続いているなど、主に性的に乱れた状況を戒めるメッセージです。
心当たりがあるなら、今の自分を見つめ直し、どうするべきかを考えてみましょう。

あるいは、「もっと相手のことを思いやりましょう」というメッセージとも考えられます。
相手に対して薄情、もしくは愛情が強すぎる、自分本位すぎる面はないでしょうか。いくら相手を愛しているといっても、相手が負担に感じるようでは独りよがりに過ぎません。

仕事・人間関係についての解釈

相手の気持ち、あなたへの評価

相手はどちらかといえば受け身の姿勢かもしれませんが、あなたに対して好意的で、実りある関係だと感じているようです。

否定的に捉えると、あなたと関わっても特に得るものはなさそうだと思っているようです。
あなたの過剰な好意をお節介、迷惑だと感じているかもしれません。

人物評としては、愛情に溢れる人、余裕があって面倒見が良い人という評価になるでしょう。
女性ならみんなのお母さん的なポジションかもしれません。

否定的に捉えると、薄情、わがまま、生産性のない人という評価になるでしょう。
女性の場合、「女の武器を使いすぎ」と思われているかもしれません。

今後の見通し(未来・予想)

繁栄が期待できます。ビジネスでは十分な収益が、農業では豊穣が見込まれます。
人間関係も順調に広がっていくでしょう。

否定的に捉えると、単純に成功が見込まれないということになるでしょう。

また、必要な仕事に手が追いつかない、やった分に見合うだけの見返りがない、仕事を抱えすぎて質が落ちるなど、適正な生産性が保たれない状況となりそうですので、対策が必要です。

人間関係においては、思いやりに欠けるギスギスした状況となってしまいそうです。
あるいは、お局様のような存在が君臨する居心地の悪い環境となるかもしれません。

アドバイス

「そんなに心配しなくても大丈夫ですよ」というメッセージです。
ビジネスにおけるリスク管理だけでなく、日常業務の中でも「失敗したらどうしよう」という思いは誰しもあるものです。
しかし、それを気にしてばかりで縮こまる必要はないとカードは教えてくれています。もう少し気楽に、「失敗してもすぐ取り返せば良い」くらいに考えて、多少の大胆さを持ってみましょう。

また、「思いやりを持ちましょう」というメッセージも読み取れます。
職場でも人間関係でも、あなたが更なる思いやりを持つことで、状況は今よりもずっと良くなることでしょう。
ただ、出しゃばりすぎてお節介にならないように気をつけましょう。どっしりと構えて求めに応じ、困っている人を影からそっとバックアップしてあげるくらいで良いのではないでしょうか。

タロットカードの一覧に戻る


※解釈はあくまで一例です。状況やテーマ、他のカードとの関係によって、このページの例以外にも様々な解釈ができます。
※正位置、逆位置での判断はしておりませんので、ご自身の感覚とスプレッド全体から肯定的に解釈するか、否定的に解釈するかを判断なさってください。
※カード画像は日本、米国においてパブリックドメインとなったウェイト版を使用しております。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする