『ソードのペイジ』の意味

タロットカード:『ソードのペイジ』が表す相手の気持ち、未来の予想、アドバイスなどを、恋愛や仕事・人間関係のテーマごとに解説しています。

スポンサーリンク

カード画像(ウェイト版)

キーワード

正直
好奇心
移り気

解釈のポイント

ゆったりと剣を構えた若者が、肩越しにどこかを見つめています。空には雲も出ていますが、全体的に爽やかな印象を受けるカードです。

『ソードのペイジ』が表すのは、正直さであったり、好奇心であったりします。あれこれと興味を示し、素直にそれを表現します。

一方で飽きっぽい面もあり、気まぐれで移り気な様子も表します。

コートカード(宮廷カード、人物カード)のみでは解釈が難しい場合もありますので、そのような場合は同じ問いでもう一枚カードを追加してみるのも有効です。

人物像

『ソードのペイジ』はある人の人物像を表す場合があります。

ペイジのカードは共通して子供、あるいは若者を表します。実際に20歳以下(目安)の若者を示す場合もあれば、成人していても気持ちや考え方が子供っぽい人、または精神的に未熟な人、幼稚な人を表すこともあります。

ソードのコートカードに共通する特徴として、知性的であることが挙げられます。判断は感情ではなく思考によって行い、情に流されず公正な判断ができると言えます。しかしながら、それが行き過ぎて批判的になることもあれば、時には不公平、攻撃的になることもあります。

改めて『ソードのペイジ』を見てみます。
好奇心に溢れる人物です。気に入ったものにはすぐに飛びつきますが、飽きるのも早く、興味の対象がころころと変わります。これは異性への態度についても言えることです。
多様な方向性を示しますが、逆に言えば方向性が定まらないということになります。行き当たりばったりになり、途中で投げ出すことも少なくありません。
安定よりも刺激を求める傾向があります。特に心理戦や頭脳戦を好み、仕事や恋愛をゲーム感覚で楽しむ人もいるでしょう。考えや行動が読めないタイプが多いです。
基本的に正直なのですが、場合によっては相手から批判的、生意気だと思われることもあるでしょう。

恋愛についての解釈

相手(彼・彼女)の気持ち

あなたに興味を抱いているようですが、気まぐれなニュアンスが強いので注意が必要です。そう遠くないうちに別の異性に目移りするかもしれませんし、すでに同時進行で仲良くしている異性がいるかもしれません。

良いムードになっているとしても、相手は恋愛を楽しんでいる節があるでしょうから、簡単にすべてを捧げると物足りないと思われる恐れもあります。多少は駆け引きを用い、もっと知りたいと思う余地を残すことで相手の関心も長続きするでしょう。

否定的に捉えると、すでにあなたに飽きてしまった可能性があります。この場合は相手の性格が主な原因でしょう。

または、あなたに対して批判的な気持ちになっている可能性もあります。

今後の見通し(未来・予想)

情熱的な恋愛やプラトニック・ラブというよりは、お互いの出方を見ながら駆け引きを楽しむような関係となりそうです。遊びと割り切るなら良い相手となりそうですが、本気で好きになると苦しい思いをするかもしれません。
仮に結ばれたとしても、どちらかあるいはお互いが短期間で飽きてしまい、終わりを迎える可能性があります。

相手、もしくはあなたの興味が他の異性に向かうことを暗示する場合もありますので、浮気にも注意が必要です。(本格的に好きになるのではなく、一時的な興味ですが)

また、なにか驚くようなニュースが飛び込んでくる可能性もあります。

否定的に捉えた場合は、批判的になりすぎて相手を傷つけてしまうことがないよう注意が必要です。冷静になることももちろん大切ですが、非情になるのはやり過ぎです。思いやりの気持ちを忘れないようにしましょう。

また、肯定的に捉えた場合と同様に、移り気に注意しましょう。

こちらも同様に、びっくりするようなニュースがあるかもしれません。

アドバイス

「自分の気持ちに素直になりましょう」というメッセージです。
気になる異性はいるけれど、色々と考えてしまって積極的になれない、あるいは、プロポーズを受けたけれど、相手の経済力などに不安があって踏み切れない……ということであれば、頭で考えるのではなく、自分の気持ちに素直になりましょうということになります。難しく考えず心の声に従ってみてはいかがでしょうか。
逆に、本能の赴くままに行動している人には考えて行動しましょうというメッセージになります。

「そろそろ一人に絞り込みましょう」というメッセージかもしれません。
複数の異性に興味があって一人に決められない、または、敢えて一人に絞らず駆け引きを楽しんでいる、ということはないでしょうか。
そのような状況で『ソードのペイジ』が出たのであれば、そろそろ一人に絞り込んではどうですかということになります。
二兎を追う者は一兎をも得ずと言いますし、あまり多くの異性に気を持たせるようなことをしていると、後々痛い目を見ることになります。

仕事・人間関係についての解釈

相手の気持ち、あなたへの評価

あなたへの評価がころころ変わるでしょうから、あまり気にせずどっしり構えていれば良いでしょう。

否定的に捉えても同様ですが、批判的な面がより強くなるでしょう。

人物評としては、知性的、公正、好奇心旺盛な人という評価になります。

否定的に捉えた場合は、批判的、気まぐれ、飽きっぽい、すぐ投げ出す人といった評価になるでしょう。

今後の見通し(未来・予想)

戦略が功を奏するでしょう。ビジネスは体力や気合いで乗り切るというやり方よりも、作戦を練ってクレバーに対応する方が良さそうです。真面目にやるのはもちろんですが、ゲーム感覚で楽しみながら取り組むのも良いでしょう。

あるいは、公正な判断を受けることが期待できます。ただ、後々覆される可能性も読み取れますので、その時点で言質を取っておくなどしておいた方が良いでしょう。

また、何か驚くようなニュースが入ってくるかもしれません。

なお、『ソードのペイジ』はスパイや諜報活動を表すこともあると言われます。あなたの身の回りにそのような人物がいるのか、あるいはあなたがそのような役回りを求められるのかは状況や他のカードとの関係もありますが、念のため心の片隅に留めておくと良いでしょう。

否定的に捉えると、中途半端で投げ出してしまう可能性があります。興味の対象が変わった、行き当たりばったりに進めたなどの原因が考えられますので、今からでも方向性を明確にして計画的に進めることで回避できる可能性はあります。

あまり正直に言いすぎたり、批判的になりすぎたりするとトラブルのもとになる恐れがあります。周囲の人に対する配慮も忘れないように心がけると良いでしょう。

スパイの件や驚くようなニュースが入ってくる可能性は、肯定的に捉えた場合と同様です。

アドバイス

「方向性を定めましょう」というメッセージです。
あれもやってみたいしこれもやってみたい、全部諦めたくない! という個人的な方針から、あちらこちらに手を出して多角化経営を進める経営者にまで当てはまるでしょうが、今は方向性を定め、ある程度集中した方がいいですよということになります。
あれこれと手を出しすぎても結局はすべて中途半端になり、途中で投げ出してしまう恐れがあります。今は何をやるべきかを明確にして、そこに注力するべき時期でしょう。

「批判精神が強すぎるようです」というメッセージかもしれません。
批判的な精神を持つのは結構ですが、あまり口に出しすぎると煙たがられることもあるでしょうし、言うべきでないこと、場面もあるでしょう。『ソードのペイジ』が出たのなら、批判的になりすぎているのかもしれないということを意識した方が良いでしょう。
たとえ正論であっても言えば反感を買うこともあります。相手の気持ちや事情にも配慮して、言うべきこととそうでないことを見極めましょう。

『ソードのペイジ』が登場する鑑定サンプル

タロットカードの一覧に戻る


※解釈はあくまで一例です。状況やテーマ、他のカードとの関係によって、このページの例以外にも様々な解釈ができます。
※正位置、逆位置での判断はしておりませんので、ご自身の感覚とスプレッド全体から肯定的に解釈するか、否定的に解釈するかを判断なさってください。
※カード画像は日本、米国においてパブリックドメインとなったウェイト版を使用しております。