『ペンタクルのクイーン』の意味

タロットカード:『ペンタクルのクイーン』が表す相手の気持ち、未来の予想、アドバイスなどを、恋愛や仕事・人間関係のテーマごとに解説しています。

スポンサーリンク

カード画像(ウェイト版)

キーワード

堅実
実際的
自然

解釈のポイント

豊かな自然の中で、クイーンは膝に載せたペンタクルに見入っているようです。

『ペンタクルのクイーン』が表すのは堅実実際的な様子です。一か八かではなく間違いのないやり方を選び、理屈っぽく考える暇があれば手を動かすということです。
気が利くこと、しっかりしている様子も表します。

また、自然との関わりを表す場合もあります。

コートカード(宮廷カード、人物カード)のみでは解釈が難しい場合もありますので、そのような場合は同じ問いでもう一枚カードを追加してみるのも有効です。

人物像

『ペンタクルのクイーン』はある人の人物像を表す場合があります。

クイーンのカードの共通点として、大人の女性を表すことがあります(そのような性質の男性を表す場合もあります)。実年齢が低い場合は、大人びた人物ということになります。

ペンタクルのコートカードに共通する特徴として現実的である点が挙げられます。実現できるかわからない夢よりも、達成可能な目標を一つずつ着実に積み重ねていきます。
また保守的であり、真面目でもあります。おとなしく地味な印象を受けることが多いでしょう。

改めて『ペンタクルのクイーン』を見てみます。
堅実な考え方をして気が利く人物ですが、些細なことまで気にかけてしまう場合もあります。損することを極端に嫌う人もいるでしょう。
実際的であり、考えるばかりではなく手を動かすことが好きです。否定的に捉えると人の指示無しでは動けず、責任を負うことを避けるようになります。
地味で華やかさはないかもしれませんが、忍耐力がありしっかりしたタイプです。女性なら良妻賢母のイメージもあります。
また、自然を愛する気持ちが強く、自然に関わる仕事に就いていたり、ガーデニングなどを趣味にしていることもあるでしょう。

恋愛についての解釈

相手(彼・彼女)の気持ち

現実的な進展を望んでいるようです。劇的でロマンティックな恋愛よりも、ベタで当たり前の関係を好むようです。

寛大ではありますが、あなたと付き合うことが自分にとってプラスになるのかという視点も持っているでしょうから、そこをクリアできなければお友達止まりかもしれません。

または、あなたの面倒を見てあげたいという気持ちがあるのかもしれません。気にかけていることには違いありませんが、この場合は恋愛感情とは少し違うでしょう。

否定的に捉えると、あなたにすがるような気持ちが強く、甘えていると考えられます。程度が酷ければ依存しているとも言えるでしょう。

また、小さなことにこだわりすぎている、心が狭くなっているなど、精神的に不安定になっている可能性もあります。

今後の見通し(未来・予想)

堅実な道を辿りそうです。お付き合いしている相手とは順当な進展があるでしょうし、片想いの場合は雰囲気が良いのならそのまま交際に発展する可能性があります。逆に、自分でも難しいと考えているようであれば、奇跡が起こるような展開は期待できません。
なお、経済的な不安を抱えた状況であれば、それが解消されない限り結婚に踏み切ることはないでしょう。

否定的に捉えると、あなたや相手が些細なことにこだわりすぎる、あるいは依存しすぎるなど精神的に不安定になり、うまくいかなくなる恐れがあります。

夢を見るばかりで実際に行動を起こさず、結局何も起こらないという解釈もできます。

アドバイス

「小さなことにこだわりすぎていませんか」というメッセージです。
あなたは元々しっかり者で、隅々にまで気が利くタイプなのかもしれません。しかしながら、時としてそれが行き過ぎ、相手が口うるさいと感じるほどになってしまっているのかもしれません。
もう少し気楽に考えても良いでしょうし、相手の習慣や価値観を尊重する寛大さを持っても良いのではないでしょうか。

「辛いときは実際的になることも有効です」というメッセージかもしれません。
失恋して何も手につかない、いつも不安に脅かされているという状態であれば、ずっと考えてばかりで落ち込むよりは、趣味などで手を動かしてみてはいかがですかということになります。部屋を掃除したり、料理に凝ってみたりするのも良いでしょう。
現実逃避だと思われるかもしれませんが、同じことばかり考えていては何も解決しませんし、心の不調を招いてしまいます。
それなら好きなことに没頭して一時的にでも忘れるか、やらなければならないことを見つけて無理にでも手を動かす方が有意義ではないでしょうか。
また、そのようなときは自然に触れるのも良いかもしれません。

仕事・人間関係についての解釈

相手の気持ち、あなたへの評価

寛大な心を持ち、面倒を見てあげたいと思っているようです。
または、特に好き嫌いもなく、あるいは快く思っていなくても、業務上必要があるのでそれなりの態度を取っているのかもしれません。

否定的に捉えると、あなたに甘えている部分があるか、気が利かない人だと思われているかもしれません。

人物評としては、気が利く、しっかりしている、面倒見が良い、寛大な人という評価になるでしょう。

否定的に捉えた場合は、気が利かない、心が狭い、いい加減といった評価になります。

今後の見通し(未来・予想)

堅実に推移すると思われます。予想を大きく上回ることも下回ることもなく、着実な結果が出るでしょう。

よく面倒を見てくれる人との縁があるかもしれません。甘えすぎるのも良くありませんが、頼りにさせてもらいましょう。

否定的に捉えると、考えてばかりで行動を起こさず、何も起こらなかったり変わらなかったりしそうです。実際に手を動かすことも必要だということです。

また、些細なことにこだわりすぎて失敗してしまう恐れもあります。大局、全体像を見てこだわるべきところとそうではないところをしっかり区別しましょう。

経済的に不安定になってしまうことを暗示する場合もありますので、転職や独立を考えている場合は注意が必要でしょう。

アドバイス

「堅実な考え方が必要ですよ」というメッセージです。
例えば、夢を追い続けるべきか、まっとうに働くべきかで迷っている……というような状況で、アドバイスとして『ペンタクルのクイーン』が出てきたのなら、今は堅実にやるのが良いのではありませんか、つまり、生活を安定させることを優先してはいかがですかということになるでしょう。
とはいえ、夢を諦めるべきというわけではないので、最低限でも生活が成り立つ程度の収入を稼ぎつつ、空いた時間で夢を叶えるために活動を続けることもできるでしょう。
楽な道のりではないでしょうが、頑張っていきましょう。

『ペンタクルのクイーン』が登場する鑑定サンプル

タロットカードの一覧に戻る


※解釈はあくまで一例です。状況やテーマ、他のカードとの関係によって、このページの例以外にも様々な解釈ができます。
※正位置、逆位置での判断はしておりませんので、ご自身の感覚とスプレッド全体から肯定的に解釈するか、否定的に解釈するかを判断なさってください。
※カード画像は日本、米国においてパブリックドメインとなったウェイト版を使用しております。