XVIII. 『月』の意味

タロットカード:『月』が表す相手の気持ち、未来の予想、アドバイスなどを、恋愛や仕事・人間関係のテーマごとに解説しています。

スポンサーリンク

カード画像(ウェイト版)

キーワード

不安
迷い
幻想
変化
不安定さ

解釈のポイント

月に向かって二匹の犬が吠えています。さらに、水辺にはザリガニが姿を見せています。

『月』のカードが表すのは不安です。現代においては、特に都市部で生活しているとそういった機会はなかなかありませんが、街灯がなく、月明かりを頼りに外を歩く場面を想像してみてください。闇の中、前方に人影らしきものがあれば、どことなく不安を覚えるのではないでしょうか。しかし、実際に近づいてみればそれは人ではなく置物か何かだったという、まさにそのようなイメージです。
同様に、迷い幻想も表します。はっきりしないものに怯え、惑わされるということです。

また、月の満ち欠けから、変化不安定な状態も表します。

恋愛についての解釈

相手(彼・彼女)の気持ち

あなたとの関係に不安や迷いを抱いているようです。あるいはこんな人だろうと思い込んでいる可能性もあります。それはあなたの本心がわからなかったり、あなたの人柄をよく知らなかったりするのが原因でしょうから、もっとフランクに接することで解決できるかもしれません。

あるいは逆に、あなたに対して何か秘密にしていることがあるのかもしれません。他に浮気や不倫、三角関係を表すカードが出ていないか注意が必要です。

否定的に解釈すると、あなたを理解し、不安などが解消されていることが読み取れます。疑いの気持ちがあったとしても、今は晴れているでしょう。

不安定だった気持ちが安定してきた、と解釈することもできるでしょう。

今後の見通し(未来・予想)

あなたが、あるいはお互いが不安に思うような状況となりそうです。それは事実がはっきりしない状態が原因なのでしょう。そのせいでありもしないことを想像してしまいそうです。

あるいは、関係が不安定なものになる可能性もあります。

否定的に捉えると、不安が解消されると読み取れます。疑いや心配は消え去り、すっきりとした気持ちで相手と向き合えるようになるでしょう。

また、不安定だった関係が安定してくるとも考えられます。

もう一つ、隠されていたものが明らかになる可能性もあります。もしあなたが何か隠し事をしているのなら、近い将来相手にばれてしまうかもしれません。

アドバイス

「客観的に事実を見つめましょう」というメッセージです。
相手の本心がわからない、浮気しているかもしれないなど、恋愛でははっきりしないことをついつい心配してしまうものです。
しかし、『月』は不確かなものを疑い恐れるのではなく、客観的に事実を見て冷静に判断しましょうと教えてくれています。

「隠し事はやめましょう」というメッセージかもしれません。
相手に言えないでいること、秘密にしていることはないでしょうか。もし相手に伝えるべきことであるならいつまでも黙っているべきではありませんし、後ろめたいことがあるなら、そういったものは直ちに手を切ってしまいましょうということになります。

仕事・人間関係についての解釈

相手の気持ち、あなたへの評価

あなたがどんな人かわからず、警戒しているか、場合によっては恐れを抱いているようです。

否定的に捉えるなら、あなたのことを理解してくれていると考えられます。

人物評としては、つかみどころのない人、本心が読めない人、不安定な人といった評価になります。実際の性別にかかわらず、女性的な人物だと思われているかもしれません。

否定的に捉えた場合は、わかりやすい人、安定した人となります。女性的なイメージは同様です。

今後の見通し(未来・予想)

不安や迷いを抱くような展開になりそうです。ただ、それは諸々はっきりしないことが原因だと考えられますので、事実をしっかり検討していくことが重要です。

あるいは不安定な状況になるとも考えられます。とはいえ、周期的な変化に伴うものかもしれませんので、その場合はよくあることだからと、どっしり構えておきましょう。

否定的に捉えると、不安や迷いは解消されていくでしょう。状況や展望がクリアになっていくと解釈できます。

また、不安定だった状況が安定していくとも考えられます。

何らかの秘密や隠されていた事実が白日の下にさらされる可能性もあります。あなたが何かを隠しているのなら、それが明らかになるのかもしれません。

アドバイス

「冷静に状況を分析しましょう」というメッセージが読み取れます。
仕事などで、このまま進めて大丈夫なのかと心配になったり、人間関係においては、自分はもしかして良く思われていないのではないだろうか、と不安を覚えたりするのは誰にでもあることです。
しかし、その原因ははっきりしないことを何となく恐れているからに他なりません。状況を冷静に、客観的に観察し、分析してみましょう。何の問題もなかった、ということも多いのではないかと思います。

「隠し事は良くありません」というメッセージかもしれません。
黙っておくべきこともあるでしょうが、例えば仕事上のミスなどはきちんと報告をするべきでしょう。もしあなたがそれを隠しているなら、問題が深刻にならないうちに打ち明けた方が良いですよ、ということになります。
また、人間関係でも特定の人に対して秘密を持つようなこと、例えば陰口をたたくような真似は禁物です。そのような行為はいずれ自分自身に返ってくるものです。

タロットカードの一覧に戻る


※解釈はあくまで一例です。状況やテーマ、他のカードとの関係によって、このページの例以外にも様々な解釈ができます。
※正位置、逆位置での判断はしておりませんので、ご自身の感覚とスプレッド全体から肯定的に解釈するか、否定的に解釈するかを判断なさってください。
※カード画像は日本、米国においてパブリックドメインとなったウェイト版を使用しております。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする