XIV. 『節制』の意味

タロットカード:『節制』が表す相手の気持ち、未来の予想、アドバイスなどを、恋愛や仕事・人間関係のテーマごとに解説しています。

スポンサーリンク

カード画像(ウェイト版)

キーワード

節制
バランス
中庸

解釈のポイント

天使が二つの杯を持ち、液体を混ぜ合わせています。

『節制』のカードが表すのは、その名のとおり節制です。欲張りすぎず、慎ましく、ほどほどにすることが求められているのです。

転じて、中庸も表します。行き過ぎた極端な考え方や行動ではなく、バランスを取るよう心がける必要があります。

タロットには度々「バランス」や「調和」が取り上げられますが、それこそがタロットの示す叡智なのです。

恋愛についての解釈

相手(彼・彼女)の気持ち

程よい好意を抱いていると考えられます。熱烈に愛しているとか、顔を見るのもいやとかいうわけではなく、好印象を抱いているといった具合です。
すでに付き合っている、結婚している相手なら、穏やかな愛情を抱いていると解釈できます。

否定的に捉えると、極端な感情を抱いていると解釈できます。強すぎる愛情、激しい嫌悪など、態度に出るでしょうからすぐわかると思います。

または、穏やかで順当過ぎてマンネリを感じている可能性もあります。

今後の見通し(未来・予想)

穏やかに、順当に進展するでしょう。ドラマティックな展開は望めませんが、ごく当たり前の恋愛として発展していきそうです。

相性が良いという解釈もできますので、夫婦や付き合っているカップルの未来であれば、安泰ということになるでしょう。

否定的に捉えると、不適当でバランスの取れていない状況となりそうです。
具体的に言うと、片方は強い愛情を抱いているのにもう片方は冷めている、お互いあるいは片方の自己主張が強すぎる、などです。

また、マンネリ化してしまうことも危惧されます。

アドバイス

「ほどほどを心がけてください」というメッセージが読み取れます。
例えば、好きな人と結ばれ有頂天になり、毎日でも会ってほしい、朝から晩までSNSで繋がっていないと気が済まないなど、度を過ぎた行動をとっていないでしょうか?
相手のことも考え、あまり欲張りすぎず、ほどほどにしておきましょうということになります。

もし二人の関係にマンネリを感じているなら、「思い切ったことをしてみましょう」というメッセージになります。
いつもとは違うお店をあちこち試してみる、たまには旅行に出てみるなど、二人の関係に刺激を取り入れることを意識してみると良いでしょう。

「慎ましくしましょう」というメッセージかもしれません。
必要以上に派手な、特別なものは必要ありませんよということになります。等身大のあなたでいましょう、という解釈もできますし、身の丈に合った選択をしましょうという意味にもとれます。
理想のタイプ以外とは付き合わない、という姿勢では中々恋人はできないでしょうし、予算的に厳しいのにレストランや結婚式に無理してお金をかける必要はないとも言えます。そういうことです。
場合によっては、暴飲暴食を慎むよう警告として出ることもあります。

仕事・人間関係についての解釈

相手の気持ち、あなたへの評価

程よい距離感、良好な人間関係が保たれていると感じているようです。コミュニティ、あるいは社会人の繋がりとしては何の問題もないでしょう。

否定的に捉えると、一方的な好意や穏やかならぬ感情を抱いていると思われます。

人物評としては、穏やかで慎ましい人、バランス感覚のある人という評価になります。

否定的に捉えると、不摂生な人、極端な人という評価になるでしょう。

今後の見通し(未来・予想)

穏やかな進展が期待できます。当たり前の事が当たり前に推移していきます。刺激的な展開はなさそうですが、静かで安定した状態が続くでしょう。
また、調和のとれた状態になることが期待できます。人間関係も穏やかで好ましいものとなりそうです。

否定的に捉えると、不適当でバランスの悪い状態となることが懸念されます。そこまでいかなくても、極端な結果となる可能性があります。
平穏無事な展開にはならないと予想されますが、結果的に良くなるのか悪くなるのかは他のカードも含めて考えましょう。

アドバイス

「当たり前のことをやりましょう」というメッセージが読み取れます。
奇をてらったり、極端な手段を用いるのではなく、いつもどおり、当たり前のやり方がよさそうです。落ち着いて、手堅く対応しましょう。

反対に、「思い切ったことをしてみましょう」というメッセージである可能性もあります。
ルーチンワークに閉塞感を感じている、同じことを続けているけど一向に進展がない、というような場合は、ちょっと極端とも思えるアイデアを試してみると、変化のきっかけとなるかもしれません。

「うまく調整しましょう」というメッセージかもしれません。
会社などでは、二つ以上の意見やアイデアが出されることも珍しくないと思います。カードに描かれた天使のように、二つのものを混ぜ合わせて新しい価値を生み出す、ということを試してみてはいかがでしょうか。対立する意見に折衷案を出す、複数のアイデアを取り入れてより良いものを仕上げるなど、調整するということを意識してみましょう。

『節制』が登場する鑑定サンプル

タロットカードの一覧に戻る


※解釈はあくまで一例です。状況やテーマ、他のカードとの関係によって、このページの例以外にも様々な解釈ができます。
※正位置、逆位置での判断はしておりませんので、ご自身の感覚とスプレッド全体から肯定的に解釈するか、否定的に解釈するかを判断なさってください。
※カード画像は日本、米国においてパブリックドメインとなったウェイト版を使用しております。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする