『ペンタクルの3』の意味

タロットカード:『ペンタクルの3』が表す相手の気持ち、未来の予想、アドバイスなどを、恋愛や仕事・人間関係のテーマごとに解説しています。

スポンサーリンク

カード画像(ウェイト版)

キーワード

一定の成果
ある程度の進展
チームワーク
技術

解釈のポイント

三人の人物が教会の中で修復か何かの作業を行っているようです。ぱっと見たところ金色のペンタクルが見当たりませんが、カードの上部中央、装飾の中に溶け込むように描かれています。

『ペンタクルの3』が表すのは一定の成果ある程度の進展です。大成功、劇的な進歩とまではいかないのですが、やってきたことが徐々に実を結びつつあるイメージです。

また、複数人によるチームワークや、技術力に焦点が当たる場合もあります。

恋愛についての解釈

相手(彼・彼女)の気持ち

ゆっくり着実に進展させたいと考えているようです。一気に事を進めるつもりもなさそうですので、あなたもそのつもりでじっくり向き合っていくと良いでしょう。

二人で関係を築いていきたいという気持ちもあるようです。どちらかが一方的にリードして引っぱっていくのではなく、あくまで力を合わせて未来を作っていきたいということです。

否定的に捉えると、二人の関係が進展しないことにもどかしさを感じているのかもしれません。

または、あなたに対してはあまり熱心ではないという解釈もできます。

今後の見通し(未来・予想)

ある程度の進展がありそうです。もしかしたらあなたが望むところまではまだ遠いかもしれませんし、スピードもゆっくりかもしれません。
とはいえ、あまり焦って無茶な動きをしない方が良いでしょう。

チームワークが良い成果をもたらすとも読み取れます。もし意中の人が友達グループの一人で、周囲の人に協力してもらえそうなら、二人きりになるチャンスを作ってもらうなどすると効果的かもしれません。
そこまでしなくても、共通の友達に話を聞いてもらうのも良いでしょう。

否定的に捉えると、停滞することが予想されます。良くもならず、悪くもならず、時間だけが過ぎていく可能性があります。

また、どちらか、あるいはお互いの気持ちが冷めてしまうという解釈もできます。

アドバイス

「こつこつ地道にいきましょう」というメッセージです。
あなたに好きな人がいて、アドバイスとして『ペンタクルの3』が出てきたなら、焦らずに少しずつ仲良くなっていきましょうということになります。
お付き合いに至るにはまだ時間がかかるのかもしれません。今はできることをやって、相手に良い印象を持ってもらうための努力をしていきましょう。焦りは禁物です。
付き合っている相手とすぐにでも結婚したい、という状況でも同じことが言えます。あなたが早く結婚したいと望んでいても、相手はまだ心の準備ができていない、経済的な見通しが立っていない、あるいはあなたと結婚してやっていけそうかというところまで見極められていないのかもしれません。
結婚はあくまで二人でするものですから、あまり焦らず、急かすことなく、着実に相手の信頼を得ていきましょう。

「生半可な気持ちでは振り向いてもらえませんよ」というメッセージかもしれません。
ご縁があればくらいに考えていたり、他の異性と天秤にかけたりしているようでは、相手と結ばれるのは難しいですよということになります。
その相手一人に絞り、誠実に想い続けることで可能性が出てくるでしょう。もちろん結ばれる保証はありませんし、時間がかかるかもしれませんが、そのくらいの覚悟と努力が必要になるということです。
そこまで一生懸命になれない相手なら、進展は期待しない方が良いでしょう。
パートナーがいる場合も、他の異性に目移りしていたり、気持ちが冷めていたりして、相手としっかり向き合っていないのであれば、それを警告する意味で出てきた可能性があります。

仕事・人間関係についての解釈

相手の気持ち、あなたへの評価

同僚、仲間として信頼してくれているようです。あなたの腕も認めているでしょう。

否定的に捉えると、手を抜いている、技術的に未熟、あるいは協調性に欠けると思われている可能性があります。

人物評としては、技術がある、協調性がある人という評価になるでしょう。

否定的に捉えた場合は、協調性がない、努力しない、技術がない、手を抜く人という評価になります。

今後の見通し(未来・予想)

一定の成果が見込まれます。大成功とまではいかないでしょうが、頑張った分は結果が出て、ある程度の進展もあるでしょう。
ただし、相応の努力をした場合に限ります。手を抜けばその分が成果に反映されるでしょう。

技術力が向上するという解釈もできます。コツコツと頑張ってきたことが身につき、熟練の域に達することもできるでしょう。

または、チームワークで成果を上げるということも読み取れます。一人で黙々と頑張るよりもチームで協力した方が良い結果が出るでしょう。

否定的に捉えると、状況が停滞することが予想されます。浮き沈みもなく、何も変わらない状態が続いていきそうです。安定というよりは停滞であって、どちらかと言えばよろしくないニュアンスです。

また、手を抜くことで問題が発生しそうです。身に覚えがある場合は今からでも心を入れ替え、自分の役割をしっかりこなしていきましょう。

あるいは、力量不足で成果が上がらないという解釈もできます。生半可な知識や技術で挑戦してもうまくいかないでしょう。経験のある人に教えを請うなどして、しっかり勉強してから挑んだ方が良さそうです。

協調性のなさが失敗を招くとも考えられます。一人でやった方が早い、口を出されたくないと思っていても、ここは周囲の人と協調し、チームワークで乗り切る場面なのでしょう。素直に協力を求め、助け合いながら取り組んでいきましょう。

アドバイス

「チームワークを心がけましょう」というメッセージです。
上記のとおり、仕事は一人でやるよりも周囲の人と力を合わせて取り組んだ方が良さそうです。必要なときは遠慮せずに助けてもらい、誰かが困っていたら率先して手を貸すくらいのつもりでいると良いでしょう。
人間関係においても、周囲の人との協調を大切にして、組織やグループで孤立してしまうような事態は避けるべきです。

「手を抜くべきではありません」というメッセージかもしれません。
手を抜いて良いところは抜いて、メリハリをつけるのが要領の良いやり方かもしれません。しかし、『ペンタクルの3』が出てきたときは、手を抜くことで失敗する可能性があるので気をつけてくださいねということになります。
このくらいで大丈夫だろうと軽く考えていると、手痛いしっぺ返しをくらうかもしれません。注意しましょう。

『ペンタクルの3』が登場する鑑定サンプル

タロットカードの一覧に戻る


※解釈はあくまで一例です。状況やテーマ、他のカードとの関係によって、このページの例以外にも様々な解釈ができます。
※正位置、逆位置での判断はしておりませんので、ご自身の感覚とスプレッド全体から肯定的に解釈するか、否定的に解釈するかを判断なさってください。
※カード画像は日本、米国においてパブリックドメインとなったウェイト版を使用しております。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする